GAMEヲタ速報

ゲーム速報まとめ

ポケモンよりも強盗に遭遇…不安すぎるブラジルでのポケモンGO…

   

◆世界中で話題となっているポケモンGO

「ポケモンGO」は、位置情報とAR(拡張現実)技術を利用し、現実世界でポケモンを探したり捕まえたりできるゲーム。

『ポケモンGO』の大ヒットで、今や町にはスマホを持ってうろうろしている人が溢れかえっている。

◆ついにブラジルでも配信が!!

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の開発・配信を手掛ける米ゲーム会社ナイアンティックは3日、リオデジャネイロ五輪の開幕を5日に控えるブラジルでの配信を開始したと発表した。

配信が始まったのは中南米の全域。ナイアンティックは先に、ブラジルでの配信に向けて取り組んでいるとツイッターに投稿していた。

ただ、これまで配信された国でゲーム利用者が強盗被害などに遭った例もあることから、景気低迷で犯罪率が高まっているブラジル国内で、利用者が安全に遊べるのかとの懸念も一部で出ている。

◆しかし、不安のが大きいのが現状…

「オリンピックのついでにブラジルでレアなポケモンもゲットしちゃお♪」なんて、『ポケモンGO』を起動させながらワクワクしている人も多いかもしれない。しかしちょっと待ってほしい。ブラジルでの歩きスマホは、日本のそれとは比べものにならないほど危険だという。

日本での歩きスマホが危険と言われるのは、周りの人や車に注意を向けられず、事故につながる可能性が高いため。しかしブラジルでの歩きスマホは事故ではなく、ヤバい事件につながってしまうようだ。ブラジル出身のイラストレーター・榎宮祐さんがTwitterで警告している。

外務省「リオ五輪で渡航する邦人へ。ポケモンGOはブラジルではまだ配信していません。また歩きスマホは危険です」
……危険? 最新のiPhoneを手に日本人が歩きスマホなんかしてみろよ。捕まるのはポケモンじゃなくおまえだぞ? 冗談抜きで。

2016年7月31日時点でのツイート

ポケモンGOのブラジル配信。よもや、貧困街への侵入で事件が起こるは、必須かも?

ブラジルでポケモンGO配信開始とかアカン…
みんなスマホ盗られるだろ…

犯罪大国ブラジルでポケモンGO配信ってなんかカオスな感じがしていいな

ポケモンGOがブラジルでも配信され出したそうで。明日以降のニュースが楽しみ。

「日本人が歩きスマホしてたら宝の山が歩いてるようなものですね」「腕ごともってかれるな」「ブラジルでやったら命もとられるぞ」「捕まるのはポケモンじゃなくお前だぞ?」と日本人がスマホに熱中するあまり、強盗の被害に遭うことを心配する声は絶えないようだ。

◆ポケモンを追って熱中しすぎると…

危険なのはリオ市では強盗事件が多発しており、人口比でも日本の約660倍の路上強盗が発生しており、中でもスマホが奪われる事件が多いようです。

ブラジルには治安が悪いファベーラ(貧民街)が各地にあり、発砲につながる強盗事件も珍しくない、もしこういった場所にレアなポケモンが登場したりすれば…知らず知らずのうちに迷い込んでしまう恐れがあります。

◆リオ五輪開幕直前ですが、すでに日本人の強盗や窃盗被害が相次いでいる

オリンピック開幕直前のブラジル・リオデジャネイロで、日本人男性が拳銃のような物を持った男に脅されて現金を奪われました。市内では窃盗事件も起きていて、日本人の被害が相次いでいます。

7月30日午後6時ごろ、日本人男性がリオの観光地コパカバーナ海岸のビーチにいたところ、男1人が近づき、シャツの中に短銃のようなものを持っているそぶりを見せて金を要求。男性は抵抗せず、現金240レアル(約7500円)を渡した。

先月31日午後11時ごろ、オリンピックパークがあるバッハ地区の飲食店で、日本人が現金の入ったかばんを盗まれました。

◆ようやくブラジルで配信されたポケモンGOですがプレイには気を付けたい!

 - Uncategorized