GAMEヲタ速報

ゲーム速報まとめ

【都内】外で同人制作ができる作業スペース

   

勉強のように、家の外じゃないと作業に集中できない人。家で同人制作が出来ない事情がある人。同人制作に必要な設備が家にない人。
こういう人って結構多いんじゃないでしょうか。
そんな人向けに、外で作業が出来る場所をまとめました。

普通の作業スペースなら、都内であれば割とたくさんあります。
でもそういう所はノマドやフリーランスといった、ビジネスの作業をする人がほとんどです。
仕切りが少ない作業スペースで、ビジネスマンに囲まれてやる同人制作ってかなり辛いですよね…。
なので、そういった面でも同人作業がしやすい場所を厳選しました。

PC作業から印刷まで全て出来る

【環境】
仕切りつきデスク・喫煙所あり・空調機各種・ドリンク飲み放題・食品持ち込み可(臭いには気を付けよう)
【無料設備】
パソコン、ペンタブ、スキャナ、裁断機、ホッチキス各種、ラミネーター、作画道具(コピック、羽箒、カッター各種、ヘラ、定規、テープ・ノリ)、携帯充電器、ブランケット、無線LANあり
【有料設備】
複合機(製本機能付きらしい)、画材(トーン、原稿用紙など)、記録メディア、軽食、栄養ドリンク

成人指定な描写やBL・GL作品も全然OKなんだそうです。

料金システム
60分 490円(税別)
3時間 1170円(税別)
ナイトパック※ 1750円(税別)
延長料金 15分毎 98円(税別) 

※6時間・23時~翌5時までの間受付

コース切り替えはなし。入店時にコースを選択し、料金は後払い。
選択したコースより時間が過ぎてしまえば、15分ごとに延長料金が発生する。

※注意

パソコンは全てWindowsでmacは無いです。
18歳未満は23時以降は利用不可。
金・土・祝前日は24時間営業だが、平日と日・祝日は23時閉店

PC・印刷機がある

【環境】
オープン席+個室、宿泊施設もあり、喫煙スペースあり、飲食持ち込み可
【無料設備】
ドリンク飲み放題、電子レンジ、IHクッキングヒーター、
【有料設備】
コピー機、プロジェクター、シャワー

料金システム
オープン席:~2時間 500円
      2~5時間 1000円
      5時間~ 1500円
個室:1時間 500円

個室は(空室次第)と書いてあるので利用者が多ければ時間制限がつくみたいです。華金の居酒屋とおんなじような感じですかね。また、宿泊施設は宿泊と休憩の2プランあるみたいなので、個室がいいという人は休憩(11~16時・2000円)でもいいかもしれません。

※注意

シェアスペースなので、オープン席(フリーエリア)はそこそこ賑やかだと思います。そしておしゃれな雰囲気なのでそういうのが苦手な人にはおすすめできません。パソコンやデスクはありますが、印刷環境はあまりそろっていないのでプリントアウトしたい人は近くの印刷店(キンコーズなど)やコンビニを利用するのがいいと思います。

【環境】
半個室や仕切り付きブースあり、静か、PCやペンタブなどの持ち込み可能、分煙
【無料設備】
パソコン、ドリンク飲み放題、店によってはソフトクリーム食べ放題、漫画・雑誌が読み放題
【有料設備】
複合機(コピー・プリント)、食事・食品販売、記録メディア販売

携帯充電器は店によって無料だったり有料だったりします

料金・システム

店によって違いますが、大体3時間1000~1500円程度。コワーキングスペースよりも割安です。
料金後払い、時間ごとにコース自動切り替えの所がほとんどです。

※注意

漫画やPCゲームなど、誘惑が多いので集中は出来ないかもしれません。
デスクが小さいブースがほとんどなので、アナログ作業はしづらいです。
ほとんどの店で食品持ち込みは不可

製本作業が出来る

【環境】
一部仕切り付きスペース、4人以上で使えるミーティングルームあり、お茶無料、新聞・雑誌読み放題、
【無料設備】
Wi-Fi、ホワイトボード、共用PC2台、電子レンジ、
【有料設備】※事前予約が必要
印刷機(コピー・プリント)、ドリンク販売、プロジェクター※、ノートPC※

料金・システム【デイリーパス】
1時間 450円(税込)
2時間 900円(税込)
3時間 1200円(税込)
1日 1800円(税込)

デイリーパス(月極ではなく1日単位で利用できる)はオープンシートとブースシートのみで利用時間に制限がある

※注意

共用PCなので、原稿をやるのは難しいと思います。。PCや食品持ち込みに関してはHPに記述がないので事前に要問合せ。
デイリーパスの利用可能時間は10時~20時(平日)、10~17時(土日祝日)

出典ameblo.jp

マイスペースというルノアールの姉妹店で貸し会議室をやっている所があります。
【環境】
個室
【無料設備】
貸し出しサービスなどについては各店で異なるので問い合わせてください。でもパソコン貸出とかはないと思うので、持ち込みで。
【有料設備】
一人1ドリンク注文制。ルノアールで売られているような飲み物、食事が頼めるみたいです。お弁当なども事前に頼めば食べられます。

料金(要事前予約・ウェブから予約すると少し安くなります)
店・部屋の規模によって料金は変わりますが、7~10㎡の部屋が1時間で1190円位です。

事前に予約する必要があり、部屋が埋まっていれば予約はとれません。

※注意

大体が5名以上からの利用とありますが、その人数に満たなくても5名分の席料もしくはドリンク注文をすれば少人数でも使えるみたいです。

長居が出来て同人作業がしやすい

パソコンや個室はありませんが、メイドカフェが好きな人にとってはとても作業がしやすいらしいです。
ヲタクやヲタクに寛容な人たちが集まる店ですし、長居する人が多いらしいので、パソコンを持ち込んで作業することができるそうです。

【環境】
個室もしくは半個室、賑やかなので会話や作業音などに気を使う必要がない
【設備】
席に電源(コンセント)がついている店が増えているので、そういう所を選べばパソコンを持ち込んで作業できます。製本作業なども出来ます。

店員の視線が気になる…と思う人も多いかもしれませんが、規模が大きい店ほど客に対しての関心も薄くなるのでよっぽど目立つようなことをしなければ大丈夫です。
注文したものが全て来れば店員も中々席には来ません。

料金
飲食代。安い店なら2000円もあればいけます。

※注意

店によっては個室といっても壁が透け透けだったりして、外から見え見えだったりします。
行ったことがない店なら入念に選んでください。秋葉原や池袋、中野などヲタクが多い街の店の方がヲタクに対する目が優しいです。しかし最近はぼったくり居酒屋なども増えているそうなので注意。

 - Uncategorized